BABEL LABEL

DIRECTOR.

藤井道人

SHARE

OUTLINE

WOWOWプライム
2019年3月10日 夜10:00-11:30放送

優れたシナリオ作品の発掘とその映像化、新人脚本家の育成を目的に創設された「WOWOW新人シナリオ大賞」。
今回、応募総数399編の中から大賞に輝いた圓岡由紀恵氏の「今日、帰ります。」(原題「赤いトマト」)を映像化。

—————
ドラマW 『今日、帰ります。』

出演:伊藤淳史、木南晴夏、西岡德馬、夏木マリ、小林未来、河野うさぎ、笠松将、戸田昌宏
脚本: 圓岡由紀恵 脚本協力:藤井道人
監督:藤井道人
音楽:岩本裕司
—————

【ストーリー】
安定した収入、安定した生活……。
東京の銀行で働く森田克博(伊藤淳史)は、家族のために毎日黙々と仕事に励んでいた。しかしある日突然、妻の千佳(木南晴夏)が息子を連れて家を出て、山梨にある千佳の実家へと帰ってしまう。それから別居生活1年。克博は山梨の家に月1回通っていたが、千佳からは「山梨で一緒に暮らしてほしい」と言われて困惑する。
そんな中、克博は、毎日何回も連絡してきては担当者を困らせることで有名な“厄介なおばあさん”、
近藤波子(夏木マリ)の担当に。克博の身の上を知った波子は、「離婚一歩手前だ」と克博にキツい言葉を浴びせるが、週末だけでも山梨で義父の田端恒三(西岡德馬)が営む農業を手伝うよう提案。さらに“エンディングノート”ならぬ“ビギニングノート”を克博に手渡す。ノートには、克博が“家族と一緒に暮らすためにやるべきこと”が書かれており、克博は半信半疑ながらも課題を一つずつクリアしていく。


▽10/23(水)DVDセル&TSUTAYA先行レンタル決定!
https://www.wowow.co.jp/detail/114141

CREDIT

監督
藤井道人

SCROLL TO NEXT