NEWS

2020.01.15
【第43回日本アカデミー賞】藤井道人監督『新聞記者』6部門受賞!

第43回日本アカデミー賞の各優秀賞が発表され、BABEL LABELの藤井道人が監督を務めました『新聞記者』が6部門で受賞しました!

・優秀作品賞優秀監督賞(藤井道人)
・優秀主演男優賞(松坂桃李)
・優秀主演女優賞(シム・ウンギョン)
・優秀脚本賞(詩森ろば/高石明彦/藤井道人)
・優秀編集賞(古川達馬)

最優秀賞は、優秀賞受賞作品・受賞者の中から選出。3月6日に開催される授賞式にて発表されます。
各賞一覧 https://www.japan-academy-prize.jp/prizes/43.html


 

■『新聞記者』
東京新聞記者・望月衣塑子のベストセラー『新聞記者』を“原案”に、政権がひた隠そうとする権力中枢の闇に迫ろうとする女性記者と、理想に燃え公務員の道を選んだある若手エリート官僚との対峙・葛藤を描いたオリジナルストーリー。

出演:シム・ウンギョン/松坂桃李
本田翼/岡山天音/郭智博/長田成哉/宮野陽名/高橋努/西田尚美/高橋和也/北村有起哉/田中哲司

主題歌:OAU「Where have you gone」

監督:藤井道人
脚本:詩森ろば、高石明彦、藤井道人
音楽:岩代太郎
原案:望月衣塑子『新聞記者』(角川新書)、河村光庸

配給:スターサンズ/イオンエンターテイメント

公式サイト http://shimbunkisha.jp/

2019.12.22
藤井道人の初期短編作品ソフト化&3カ月連続リリース!


2011年~2014年に藤井道人が監督した短編作品のソフト化が決定。3カ月連続でセル&レンタルリリース致します。本作品には新たに撮影・編集した特典ドキュメンタリーも収録。藤井監督自身がゆかりのある場所や人に会いに行き、藤井監督や藤井監督の作品について語ります。


【作品概要】

◆2020年2月25日リリース

『藤井道人監督 初期短編作品集①』

「埃」42分 出演:曽我幸一郎、川上一輝、岩原正典、カズヤ、片岡弘明、金子一夫

「カナタ、遠く」31分 出演:蝦名聖也、池田嘩百理、青山拓也、牛山祐樹

特典ドキュメンタリー「藤井道人  かこ、いま、これから①」 20分

◆2020年3月25日リリース

『藤井道人監督 初期短編作品集②』

「そのうちぼくらは」49分 出演:永夏子、森聖矢、小野裕崇、市川唯、観月悠

「 名もなき一篇」25分 出演:寺崎崇明、池田嘩百哩、柳田竜人、南部映次、中村靖子

特典ドキュメンタリー「藤井道人  かこ、いま、これから②」20分

◆2020年4月25日リリース

『藤井道人監督 初期短編作品集③』

「東京」43分 出演:世良優樹、打越梨子、大谷哲朗、金沢匡紘、蝦名聖也、池田薫

「 A LITTLE WORLD」20分 出演:ep、清野優美、塩澤英真、木村大志

特典ドキュメンタリー「藤井道人  かこ、いま、これから③」 20分

(販売元:オールイン エンタテインメント)


▽Komachi MAG.‬
‪2019年の話題作「新聞記者」の藤井監督が来県!幻の短編から待望の新作までを語る‬
https://komachi-mag.com/entertainment/18952/

▽映画ログプラス
2019年大活躍の藤井道人監督、幻の短編作品ソフト化決定!

https://tokushu.eiga-log.com/new/35105.html

2019.11.25
映画『LAPSE〔ラプス〕』2020年1月25日 DVDリリース決定!!


弊社製作のオムニバス映画『LAPSE〔ラプス〕』のDVDセル・レンタルのリリースが2020年1月25日に決定しました!

『LAPSE〔ラプス〕』は未来をテーマにした、3篇から成る物語。クローン・AI・管理教育…テクノロジーの進化による未来への危機感の中で、人間らしい希望や葛藤を浮き彫りにし、シンギュラリティに問いかける渾身の一作。

アベラヒデノブ監督・中村ゆりかW主演『失敗人間ヒトシジュニア』は突如自分がクローン人間の失敗作だったと知らされる二人を、SUMIRE主演『リンデン・バウム・ダンス』は祖母が受けるAI医療を疑問視する女子大生を、栁俊太郎主演『SIN』は幼少期にシミュレーションで見た残酷な未来を予期して苦悩する男を描く。


 

■『失敗人間ヒトシジュニア』

監督・脚本:アベラヒデノブ
出演:アベラヒデノブ、中村ゆりか、清水くるみ、ねお、信江勇、根岸拓哉、深水元基

クローンと人間が共生する2050年。20歳になった大学生のヒトシジュニア(アベラヒデノブ)は突然、自分がクローン人間の失敗作なのだと聞かされ、彼女にも振られ、絶望の淵に立たされる。隣に現れたのは美女・初美[ハッピー](中村ゆりか)。初美も同じく親に捨てられたクローンの失敗作だった。20歳を迎えたクローンは、クローン元の人間に捨てられると国に回収され、破棄されるという。ヒトシジュニアは生きるため、育ての親を殺し戸籍を奪う決断を迫られる。

■『リンデン・バウム・ダンス』

監督・脚本・撮影:HAVIT ART STUDIO

出演:SUMIRE、小川あん

人間が人工知能に医療を委ねている2038年。大学生のヨウ(SUMIRE)は夢を見ていた。人工知能Satiによる延命治療を受ける10年間寝たきりの祖母の若い頃(小川あん)を想像し、一緒に深夜のダンスホールで踊っている夢。そこは彩り豊かな、音楽世界だった。ヨウは何でも分かっているように振舞うSati、それを頼りきっている家族に苛立ちを募らせていた。人工知能の法律改正によって祖母の延命中止が決まると、ヨウは大きな行動に出る。

■『SIN』

監督:志真 健太郎

出演:栁俊太郎、内田慈、比嘉梨乃、平岡亮、林田麻里、手塚とおる

政府による教育管理が進んだ2062年。5歳のアマは政府公認の教育機関エルサに呼び出される。「20年後…アマ君はお母さんを殺す。その確率が高いんだ」

エルサによって見せられたシミュレーションには、犯罪に手を染め、大切な人たちを傷つけてしまう、自分の暗い未来が映っていた。アマ(栁俊太郎)は告知された自分の未来に抗いながら、必死に生きていく。友人や親、好きな女性とともに運命は少しずつ変化し、”母を殺す”25歳の誕生日を迎える。

■映像特典

「失敗人間ヒトシジュニア」スピンオフムービー『止めてほしいのよ、俺たちも。-予算0のSF映画撮影の全記録-』

監督・構成:アベラヒデノブ

出演:アベラヒデノブ、根岸拓哉、きいた、竹内ももこ、布施勇弥、フェルナンデス直行

SF映画『LAPSE2』撮影のため呼び出された5人の俳優たち。だが監督のアベラは予算ゼロで撮影しようとしていた…!ギャラ無し!台本無し!リハ無し!スケジュール無し!映画公開のため撮影に耐える俳優たちだが、心身共に限界を迎え、チームは崩壊寸前だった…。

(フェイクドキュメンタリー企画)

発売日:2020年1月25日(予定) 本編102分+特典映像30分 セルDVD:4,180円(税込)

映画サイト http://babel-film.com/

販売元:オールイン エンタテインメント ©︎BABEL LABEL

2019.03.07
台湾・中国を拠点に活躍する「DICKY CHALMERS」がNEWディレクターとして加入

台湾・中国を拠点に活躍するイギリス出身の映像ディレクター、
DICKY CHALMERS【ディッキー・チャルマーズ】が弊社ディレクターに加わりました。
今後の発展にご期待ください。

DICKY CHALMERS作品集

※PASSは弊社info@babel-pro.comまでお問い合わせください。

2019.01.29
『装苑』3月号「クリエイターのアイデアを可視化する」に掲載!

1月28日(月)発売のファッション誌『装苑』 3月号の特集「クリエイターのアイデアを可視化する」で、BABEL LABELが6ページに渡り掲載されております。

2月16日(土)公開となるBABEL LABEL製作のオムニバス映画『LAPSE(ラプス)』の一篇「リンデン・バウム・ダンス」の監督・脚本を務めたHAVIT ART STUDIOの今野里絵 監督が、
各作品の主演であるSUMIREさん、中村ゆりかさん、栁俊太郎さんを迎え、本作から派生した新たなビジュアルストーリーを創作。

「BABEL LABEL 近未来へのイマジネーション:LAPSE いつか銀河の先で」と題して、未来の私から今の私へ、今の私から未来の私へと紡がれる言葉を書き下ろし、レトロフューチャーの世界の中で表現しています。

あわせて、BABEL LABELについてや、プロデュース作『LAPSE』にまつわるアイデアを語る、藤井道人監督のインタビューも掲載されています。

▽装苑オンライン「第一線で活躍する表現者の、人の心を動かすような発想はどのようにして生まれるのか?『装苑』3月号の特集は「クリエイターのアイデアを可視化する」」
http://soen.tokyo/fashion/news/soen190125.html

 

2018.11.14
NEW STAFF募集のお知らせ

弊社BABEL LABELはこの度、新スタッフを募集しております。
一緒に映像制作をしたいという方、映像制作の仕事に携わっている方々の募集をお待ちしております!

■募集業種:アシスタントディレクター、PM、エディター、デザイナー
経験不問・待遇、給与等はキャリア、スキルに応じて変動します。(正社員契約可/社会保険完備)
面接希望の方、もしくは何か質問がある方は下記のアドレスまでご連絡ください。
info@babel-pro.com

■勤務地
東京都新宿区市谷左内町11番地 市ヶ谷左内坂ハイム901号室
株式会社BABEL LABEL
最寄り駅:市ヶ谷駅
TEL.FAX:03-5579-2169

2018.07.09
雑誌『GLITTER』 2018年8月号(7/7発売)に掲載

雑誌『GLITTER』 2018年8月号(7/7発売)に BABEL LABELが、【今注目される若手クリエイティブ集団】として取り上げられております。

BABEL LABELの立ち上げから、新プロジェクト オムニバス映画『LAPSE』まで、
山田久人、藤井道人、志真健太郎、アベラヒデノブ、HAVIT ART STUDIOのRieが たっぷりと語っています。

————————————
<特集>CINEMA CULTURE「スター・ウォーズとともに振り返る映画のスタイル変遷」
『JUMP INTO THE WORLD ボーダーレスに闘え VOL.6 』
BABEL LABEL(CREATIVE TEAM)
————————————

 

123