BABEL LABEL

  • LAPSE

    PRODUCER.

    山田久人

    DIRECTOR.

    志真健太郎

    DIRECTOR.

    アベラヒデノブ

    PRODUCER.

    玉木南美

    SHARE

    OUTLINE

    ★レンタル配信が、2020年6月1日〜決定しました!
    配信サイト
    Amazon、GYAO!ストア、ビデオマーケット、dmm、楽天、U-NEXT、RAKUTEN TV、ひかりTVオンデマンド、Google play、TSUTAYA TV


    ★DVDセル・レンタルのリリースが2020年1月25日に決定しました!

    『LAPSE〔ラプス〕』は未来をテーマにした、3篇から成る物語。クローン・AI・管理教育…テクノロジーの進化による未来への危機感の中で、人間らしい希望や葛藤を浮き彫りにし、シンギュラリティに問いかける渾身の一作。

    アベラヒデノブ監督・中村ゆりかW主演『失敗人間ヒトシジュニア』は突如自分がクローン人間の失敗作だったと知らされる二人を、SUMIRE主演『リンデン・バウム・ダンス』は祖母が受けるAI医療を疑問視する女子大生を、栁俊太郎主演『SIN』は幼少期にシミュレーションで見た残酷な未来を予期して苦悩する男を描く。

    発売日:2020年1月25日(予定) 本編102分+特典映像30分 セルDVD:4,180円(税込)
    映画サイト http://babel-film.com/
    販売元:オールイン エンタテインメント ©︎BABEL LABEL


    ■『失敗人間ヒトシジュニア』

    監督・脚本:アベラヒデノブ
    出演:アベラヒデノブ、中村ゆりか、清水くるみ、ねお、信江勇、根岸拓哉、深水元基

    クローンと人間が共生する2050年。20歳になった大学生のヒトシジュニア(アベラヒデノブ)は突然、自分がクローン人間の失敗作なのだと聞かされ、彼女にも振られ、絶望の淵に立たされる。隣に現れたのは美女・初美[ハッピー](中村ゆりか)。初美も同じく親に捨てられたクローンの失敗作だった。20歳を迎えたクローンは、クローン元の人間に捨てられると国に回収され、破棄されるという。ヒトシジュニアは生きるため、育ての親を殺し戸籍を奪う決断を迫られる。

    ■『リンデン・バウム・ダンス』

    監督・脚本・撮影:HAVIT ART STUDIO
    出演:SUMIRE、小川あん

    人間が人工知能に医療を委ねている2038年。大学生のヨウ(SUMIRE)は夢を見ていた。人工知能Satiによる延命治療を受ける10年間寝たきりの祖母の若い頃(小川あん)を想像し、一緒に深夜のダンスホールで踊っている夢。そこは彩り豊かな、音楽世界だった。ヨウは何でも分かっているように振舞うSati、それを頼りきっている家族に苛立ちを募らせていた。人工知能の法律改正によって祖母の延命中止が決まると、ヨウは大きな行動に出る。

    ■『SIN』

    監督:志真 健太郎
    出演:栁俊太郎、内田慈、比嘉梨乃、平岡亮、林田麻里、手塚とおる

    政府による教育管理が進んだ2062年。5歳のアマは政府公認の教育機関エルサに呼び出される。「20年後…アマ君はお母さんを殺す。その確率が高いんだ」
    エルサによって見せられたシミュレーションには、犯罪に手を染め、大切な人たちを傷つけてしまう、自分の暗い未来が映っていた。アマ(栁俊太郎)は告知された自分の未来に抗いながら、必死に生きていく。友人や親、好きな女性とともに運命は少しずつ変化し、”母を殺す”25歳の誕生日を迎える。


    ■映像特典
    「失敗人間ヒトシジュニア」スピンオフムービー『止めてほしいのよ、俺たちも。-予算0のSF映画撮影の全記録-』

    監督・構成:アベラヒデノブ
    出演:アベラヒデノブ、根岸拓哉、きいた、竹内ももこ、布施勇弥、フェルナンデス直行

    SF映画『LAPSE2』撮影のため呼び出された5人の俳優たち。だが監督のアベラは予算ゼロで撮影しようとしていた…!ギャラ無し!台本無し!リハ無し!スケジュール無し!映画公開のため撮影に耐える俳優たちだが、心身共に限界を迎え、チームは崩壊寸前だった…。
    (フェイクドキュメンタリー企画)


    MEDIA

    ▽雑誌「装苑」2019年3月号
    『LAPSE(ラプス)』の一篇「リンデン・バウム・ダンス」の監督・脚本を務めたHAVIT ART STUDIOの今野里絵 監督が、各作品の主演であるSUMIREさん、中村ゆりかさん、栁俊太郎さんを迎え、本作から派生した新たなビジュアルストーリーを創作しました。
    「BABEL LABEL 近未来へのイマジネーション LAPSE:いつか銀河の先で」と題して、未来の私から今の私へ、今の私から未来の私へと紡がれる言葉を書き下ろし、レトロフューチャーの世界の中で表現。
    あわせて、BABEL LABELについてや、プロデュース作『LAPSE』にまつわるアイデアを語る、藤井道人監督のインタビューも掲載されました。

    ○装苑オンライン「第一線で活躍する表現者の、人の心を動かすような発想はどのようにして生まれるのか?
    『装苑』3月号の特集は「クリエイターのアイデアを可視化する」」
    http://soen.tokyo/fashion/news/soen190125.html

    ▽雑誌「CUT」2019年3月号
    SUMIRE×SALU×藤井道人インタビュー

    ▽「Qetic」インタビュー
    HAVIT ART STUDIO監督×SUMIRE
    https://qetic.jp/interview/babel-film-feature/306933/

    アベラヒデノブ監督×中村ゆりか https://qetic.jp/interview/babelfilm-abera-nakamura-feature/306943/
    アベラヒデノブ監督×ねお×きいた
    https://qetic.jp/interview/babelfilm-abera-neo-kiita-feature/307835/

    SALU×SUMIRE×BABEL LABEL https://qetic.jp/interview/babel-lapse-feature/307881/
    志真健太郎監督×栁俊太郎 https://qetic.jp/interview/lapse-sin-feature/308737/

    ▽「Cinefil」インタビュー
    HAVIT ART STUIO監督×小川あん http://cinefil.tokyo/_ct/17247715
    アベラヒデノブ監督×ねお×きいた
    http://cinefil.tokyo/_ct/17251114
    志真健太郎監督×内田慈×手塚とおるhttp://cinefil.tokyo/_ct/17254853


    ▽映画ログプラス
    志真健太郎監督×内田慈 https://tokushu.eiga-log.com/interview/22261.html

    ▽NOSH
    藤井道人プロデューサー×栁俊太郎
    前編 https://nosh.media/archives/3128245
    後編 https://nosh.media/archives/3128272
    ▽SWAMP
    HAVIT ART STUDIO https://swamppost.com/enta/eiga/3444/

    ▽活弁シネマ倶楽部#12
    「山田孝之全面プロデュース作品『デイアンドナイト』藤井道人監督が語る!!」
    https://www.youtube.com/watch?v=jSctPPX5bNQ&feature=emb_logo

    ▽Cinema Art Online
    「映画『青の帰り道』『LAPSE ラプス』シネマ・ジャック&ベティ上映初日舞台レポート」
    https://cinema.u-cs.jp/event/aonokaerimichi-lapse-sa/

    CREDIT

    プロデューサー
    山田久人
    監督
    藤井道人
    監督
    志真健太郎
    監督
    アベラヒデノブ
    監督
    HAVIT ART STUDIO
    スタッフ
    玉木南美
    スタッフ
    田島学
    スタッフ
    舞木ひと美
    スタッフ
    小座間陸
    スタッフ
    大橋和美
    BABEL ASIA
    江 毓軒
    デザイナー/エディター
    梶生彩奈

    SCROLL TO NEXT